悩みをなくしたい

カウンセリング

特徴や知っておくべきこと

人間は、脳の働きによりその日の気分や行動が変わってきます。正常に働いていれば問題ありませんが、自律神経などが乱れておりうつ病などになっている状態だと様々な面で問題が生じることになりかねません。あまり知られていませんが、精神的な病気の一つに奔逸と呼ばれるものがあります。奔逸は、考え方が定まらずあちこちに考えが飛んでしまっていることです。この状態になると、話しに具体性がなくなり人に話をするときでも説得力はなくなってしまう可能性が高いです。脳の中では、様々な思考をしているといわれていますが、その思考が異常に速くなり言葉に出した時に次々と話題が変わってしまうことがあります。例えば、今まで家族のことを話していたとすれば、唐突に仕事の話しになり、そしてすぐに趣味の話になるようなパターンです。相手を話の要点をつかみにくいだけでなく、話をする方も「おかしいなあ」と感じるようになることもあります。このような場合には、自然に治すことも不可能ではありませんが落ち着いて話すことを心がけることで治すことができる可能性もあります。ただ、自分で直そうと最も治らないようなこともあるでしょう。軽度の場合でなければ、なかなか専門家でない限り直すことは難しいパターンが多いです。このようなときには、精神科などに行き治してもらうことが必要になります。精神科に行く場合にも、勇気がいるかもしれませんが一度精神科に行くと傾向はなくなるでしょう。もし、本格的に治したければ長期的に通院することが重要になります。

奔逸の場合には、頭の回転が速すぎて言葉にならないあるいは相手に伝わらないレベルに達していることがあります。このような場合、しっかりと相手に対して何かを説明することが不可能になることもあるため、相手もこなしてしまう可能性があるでしょう。この場合は、病院に行き先生と話をして少しずつ症状を改善させるしかありません。では、精神科や心療内科はいったいどのように対処してくれるのでしょうか。まず、先生の話としては呼吸法などを教えてくれます。次から次にマシンガンのように話が出てしまう場合には、呼吸を整えることで症状を随分と改善させることができます。人間の気持は昔から、呼吸によって変わるといわれています。呼吸が安定していれば、脳の働きも安定しその結果話す内容も安定してくる可能性が高いです。もちろん、すぐに呼吸の仕方を忘れてしまうこともあるかもしれませんが、頭の片隅に呼吸を整えることを入れておけば、結果的に少しずつ良くなっていくでしょう。呼吸をする場合には、一回の呼吸を長くすることが重要になります。特に人間は、吸うときよりも吐き出す時の方が呼吸が短くなりがちです。結果的に、呼吸が乱れてしまう傾向にありますが、これを改善させるためには意識をして重病ぐらいかけて息を吐き出すことが重要になります。後は、それと同時に奔逸の薬などを処方してくれることもあります。ただ、薬に関しては一時的に良くなるだけで、薬を飲まなくなるとまた元通りになってしまうことがあるためあまり薬に頼り過ぎないことも重要です。

Copyright© 2019 それぞれの特徴と悩みの解決方法を知りたい All Rights Reserved.